Teaching at home

学力アップにおすすめな個別指導塾!苦手克服で成績を向上させよう

合う講師を見つける

講師変更が出来るか確認

勉学

頑張って勉強していても学力が低下してきて、目標に達していないのであれば塾に通って苦手を克服していかなくてはなりません。自力で学力を上げようとしても、わからない所を克服できなければ学力は上げられませんので、個別指導塾に通わせて苦手部分を集中して教えてもらうといいでしょう。個別指導塾であれば、苦手教科を多めに受講して、苦手部分を克服できるように指導をしてもらえますので、教えてもらいたい部分を教えてもらう事が出来、苦手を克服してから次に進んでいく事が出来ます。同じように勉強をしている人でも、得意な部分と苦手な部分があり、つまずく部分に違いがあります。本人にとって克服した方がいい部分に集中して教えてもらえるのが集団指導との違いです。個別指導塾であれば、講師に遠慮なく質問をしていく事が出来る点がいいですが、講師との相性が悪く、わかりにくい指導を受ける事も考えられます。講師との相性が心配なのであれば、途中で講師変更のきく個別指導塾を選んでおくといいでしょう。合わない相手にいくら教えてもらっても成績は伸びませんので、講師変更が出来るかは重要です。講師変更が何度でも出来るのであれば、いい講師に巡り合えるまで変更が続けられますので合う人を見つけやすくなります。個別指導塾に通う回数も成績に応じて調節が出来るのであれば、費用も無駄に使わなくてすみますので、自分のペースで通える個別指導塾を選んでおくといいでしょう。

情報収集が大切です

先生と生徒

個別指導塾の月謝は、集団型の塾より高く、家庭教師より安いというイメージがありますが、塾によって料金体制が様々であるため、必ずしもそうとは言い切れません。ほとんどの個別指導塾では、「一コマいくら」という計算方法で、個人の学習レベルや合格目標に合わせて、個々の料金設定を組んでいる場合が多く見られます。例えば、苦手科目のみを週に一回受講したり、受験に必要な科目をすべて受講したりと、生徒によって授業回数や料金は様々です。このように、料金に関しては個人差が大きくありますが、平均して、小学生で一万円前後、中学生で一万円から一万五千円の月謝を払っている人が多いようです。塾によっては、複数の授業を受講すると割引きになったり、兄弟で通うと割引きになったりと、割引きに関しても大きく異なりますので、よく確認しておく必要があります。また、ほとんどの個別指導塾では一コマ90分授業を取り入れていますが、小学生の場合は60分や70分など、授業時間にも違いがありますので確認が必要です。さらに、受験生の場合は、国公立や私学などの対策コースによって授業回数や料金が異なる場合もありますので、事前に調べておくことをお勧めします。個別指導塾は、集団型の塾に比べると料金が割高な場合もありますが、その分、個別に丁寧に指導してくれるメリットがあります。また、講師の年齢や講師一人が担当する生徒の人数にも違いがありますので、実際に授業を体験をしたり見学したりして判断することが大切です。そして、その塾に通っている友人などの評判も判断材料になりますので、友人やママ同士のネットワークを使って情報を集めることが大事です。

個別相談の対応が可能

生徒

「1対1」「マンツーマン」などの単語と共に、CMや広告でよく目にするようになった「個別指導塾」は、わかりやすい授業で、大変人気となっています。一人の講師が数人の生徒を担当し、それぞれの生徒に対して家庭教師のような状態で授業を行うため、講師と生徒の距離が近いことが特徴です。そのため、わからない問題や不安な箇所をすぐに質問でき、間違った問題をすぐに訂正できるので、生徒の理解度が上がります。特に、学校の授業に付いて行けない生徒や、自分一人の力で問題を解き進められない生徒には、丁寧な指導が期待できる個別指導塾がお勧めです。個別指導塾には、講師と生徒が1対1の場合や、1対2または1対3のように一人の講師が少人数の生徒を受け持つ場合など、いくつかのパターンがあります。一見、完全マンツーマンの1対1の方が、成績が上がるような気もしますが、どのパターンが合っているかは場合によって異なります。例えば、英語だと長文を読み進める時間、数学の場合だと文章問題を読んで理解する時間や試行錯誤しながら計算する時間が必要です。このような「生徒が自分一人で取り組む時間」は勉強を進める上で大切で、問題がわからないとしても諦めずに考えてみることが大切です。すぐに講師に質問できることも大事ですが、ただ質問しただけだと後々の記憶に残りにくく、結果的に理解度のアップにつながりません。「何故わからないのか」を一生懸命考えて、その後に質問できるような個別指導塾であれば、生徒の理解度が上がり学習意欲が湧くことでしょう。ただし、生徒の基礎力が乏しく、なかなか一人で解き進められない場合は、まずはマンツーマンで基礎知識を付けることも大切です。個別に相談しながら、その時々に合った学習法を提供してくれることが、個別指導塾の魅力の一つとも言えます。

苦手を探せるかがポイント

学生

個別指導塾に行くなら、楽しい授業ができる先生がいるところを選びましょう。学習意欲を高めてくれる先生の存在はとても大切。自分から積極的に学習を楽しむチャンスを得るためにも、選別はしっかりと行いましょう。

もっと読む

学習塾の選び方

婦人

学校の授業を補ったり、学習の方法などについてもアドバイスしてくれる学習塾は、今や子供たちにとってなくてはならない存在です。その中で、個別指導塾のシステムやメリットについて、集団授業塾や少人数制授業塾との比較を中心に説明します。

もっと読む

今の子供の学力を把握する

学生

塾を選ぶ際は、お子様の現在の学力を把握することが大事で、基礎知識から学び直したい場合は、個別指導塾の方が向いていると言えます。無料体験授業を受けてみて、雰囲気や授業をわかりやすさを知っておくことも大切です。

もっと読む